公式SNS
  • 公式ツイッター
  • 公式Youtubeチャンネル

私は猫ストーカー

ジャケットイメージ

星野真里主演!!猫好きに大人気のエッセイを映画化!
人も猫も みんないつかはいなくなってしまうから

解説

猫好きのイラストレーター・ハルが出会う風変わりで愛おしい人々、そして、すれ違う猫たちとのゆるやかな毎日。猫好きに絶大な人気を誇るエッセイをベースに、ユーモラスでちょっぴり切ない傑作が誕生!
主人公のハルを演じるのは、『さよならみどりちゃん』でナント国際映画祭主演女優賞を受賞、その確かな演技力に各方面からの高い評価を受けている星野真里。バラエティ番組でも人気の彼女だが、2009年は本作を含む5本もの出演映画が上映されるなど女優として一段と飛躍を遂げた。ハルがバイトする古本屋夫婦には日本を代表する名バイプレーヤーのひとり徳井優と、『ノン子36歳(家事手伝い)』などの映画のみならず、近年は舞台でも活躍する坂井真紀。ハルの同僚・真由子に『闇打つ心臓 Heart,beating in the dark』『時効警察』の実力派女優、江口のりこ。さらに『EUREKA ユリイカ』で鮮烈な印象を残した宮?将が、“猫ストーカー”のハルをストーカーする(?)鈴木役を飄々と演じ、ハルを見守るかのようなアパートの大家役で『サザエさん』の磯野フネの声を担当している麻生美代子が出演するなど、個性豊かな名優たちの競演も見所のひとつ。そして猫好きの目を奪うのは、本編に登場する多くの猫たちの自然ではつらつとした姿だろう。20匹を超える“共演猫”たちは、本作の撮影が行われた、谷中、根津、千駄木といったいわゆる“谷根千”一帯や不忍池付近に、実際に暮らしている家猫&野良猫たちだ。唯一の“俳優猫”、チビトム役のタラオも堂々とした演技を見せているが、路地にうずくまっている猫も、横丁から飛び出してくる猫も、負けず劣らずの名演技を披露している。穏やかな町の空気にくるまれて息づく猫たちには、猫好きならずとも微笑ましい気持ちにさせられる。
監督は、俳優だけでなくNHK『さわやか三組』『中学生日記』などの脚本家としても活躍する鈴木卓爾。8mm作品『にじ』がぴあフィルムフェスティバルに入選以来、矢口史靖監督のパートナーとして『裸足のピクニック』『ひみつの花園』などに参加。その才能を評価する声は高く、最も長編映画デビューが待ち望まれた監督だったと言えるだろう。人気イラストレーター・浅生ハルミンが発表し、猫好きたちの圧倒的な支持を得たエッセイ集「私は猫ストーカー」(洋泉社刊)から想を得て、“猫ストーカー”でありイラストレーターの卵であるハルの日々を描いたオリジナルストーリーが生まれた。
鈴木卓爾監督、待望の長編デビューを支えるのは、日本映画界を代表するスタッフたちだ。撮影は、名匠たむらまさき。青山真治監督作『EUREKA ユリイカ』が第53回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞並びにエキュメニック賞に輝くなど、その名は国内外にとどろいている。さらに『サッド・ヴァケイション』の菊池信之(音響設計)、『旭山動物園物語?ペンギンが空を飛ぶ』の小澤秀高(美術)、『トウキョウソナタ』の宮本まさ江(衣装)をはじめ、ベテラン勢が参加。また、音楽にパシフィック231として黒沢清監督作品『アカルイミライ』などのサウンドトラックを担当した蓮実重臣、タイトルバックや劇中のアニメーションには国際的な評価を受ける若きアニメーション作家・大山慶と和田淳といった新鋭が顔を揃えた。ちなみに、劇中に登場する全てのイラストは原作者・浅生ハルミンの書き下ろし、主題歌「猫ストーカーのうた」の歌詞は、鈴木卓爾監督と浅生ハルミンの共作でもある。
どんなに愛おしくても、ふれあえる時間はほんのわずか。日本映画界屈指のキャスト・スタッフが贈る本作は、“猫愛”に溢れた、ほんのりと優しい一篇に仕上がっている。

物語

古本屋でアルバイトをしているハルは、イラストレーターの卵。バイトが終ればお寺の境内に駆けつけて、集まってくる猫たちを眺めるのが日課のハルは、時間の許すかぎり猫をそっと追いかける“猫ストーカー”なのです。恋愛話ばかり報告してくる同僚の真由子、寡黙なご主人とちょっと口うるさい奥さん、それから子供のいないご主人夫婦に飼われた猫のチビトムがバイト先のいつもの顔ぶれ。そののどかな毎日に、思わぬ波風が立ってしまいます。古本屋のご主人がかつての恋人に贈った詩集が、売り物としてお店に戻ってきて、奥さんが機嫌を損ねたのです。ご主人に話しかけられても、返事もせずにチビトムをかまい続ける奥さん…チビトムもちょっぴり迷惑そうです。そんなある日、チビトムは姿を消してしまいます。拠り所だったチビトムを失って取り乱した奥さんは、ご主人に食って掛かります。そして、奥さんもまた姿を消してしまったのです…。

セールスポイント

・バラエティ番組でも活躍!その演技力が高い評価を受ける星野真里主演!!さらに坂井真紀、徳井優、江口のりこ、宮?将ら個性豊かな名優たちも競演!
・シネマート新宿、渋谷ユーロスペースを皮切りに全国拡大ロードショー!シネマート新宿スクリーン2 日計記録を更新するなど各地で大ヒット!
・原作は猫好きたちの圧倒的支持を受けた浅生ハルミンの同名エッセイ!「私は猫ストーカー」(浅生ハルミン)、洋泉社より好評発売中!
・俳優・脚本家としても名高い鈴木卓爾が満を持して贈る初長篇監督作品!たむらまさき(撮影)、菊池信之(音響設計)、蓮実重臣(音楽)などベテランから新鋭まで日本映画を支えるスタッフが結集!
・劇場公開時、パブリシティ殺到!「週刊文春」「ぴあ」「この映画がすごい!」「女性自身」「TV Bros.」など、その数60媒体以上!
「猫びより」(日本出版社)タイアップ記事掲載を始め、DVD発売に合わせた広告&パブリシティ展開も予定!
・劇場・DVD連動企画!『私は猫ストーカー』写真コンテスト実施!1000点にも及ぶのご応募の中から優秀作品を選定、約100点をDVDに収録!
・“谷根千”に実際に暮らす家猫&野良猫たちが総出演!

主要キャスト プロフィール

星野真里
1995年NHK朝の連続ドラマ『春よ、来い』でデビュー。『3年B組金八先生』で演じた坂本金八の長女・乙女役を始め、『プラトニックセックス』『新・星の金貨』『大奥』『はたおと』など、数々のドラマに出演する一方、映画でも活躍。05年の『さよならみどりちゃん』ではナント国際映画祭主演女優賞を受賞し、その確かな演技力は各方面からの高い評価を受けている。またCM、舞台、写真集、バラエティと幅広い分野でマルチな才能も発揮している。

江口のりこ
2002年『桃源郷の人々』で映画デビュー。その後、映画・CM・ドラマに次々と出演。04年『月とチェリー』にて映画初主演を務め、高い評価を受ける。ドラマ『時効警察』にレギュラー出演し、個性を発揮。ベテランから新鋭監督まで多くの監督の作品に出演し、今最も期待される若手実力派女優のひとりである。

宮﨑将
2001年、第53回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞・エキュメニック賞をW受賞した『EUREKA ユリイカ』に主演。そのナイーヴな演技で鮮烈な印象を残す。その後、映画だけでなく、CMやPV、『風の来た道』などTVドラマに出演。撮影のたむらまさきとは、『EUREKA~』以来、8年振りの顔合わせとなる。

徳井優
1978年に東映京都俳優養成所に入所し、翌年『日本の黒幕』でデビュー。劇団自転車キンクリートなどに客演する一方で、サカイ引越センターのCMでお茶の間の人気を獲得する。多くの映画、ドラマ、演劇に出演する日本を代表する名バイプレーヤーのひとり。

坂井真紀
1992年のドラマデビュー直後から数多くのドラマ、映画で活躍。08年の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』では、遠山美枝子役で第18回日本映画批評家大賞助演女優賞を受賞している。“劇団☆新感線”や“ナイロン100℃”など人気劇団への客演も多い。

作品情報

製作年・国
2009年・日本
ジャンル
ドラマ
権利元
(C)2009 浅生ハルミン/『私は猫ストーカー』製作委員会
公式サイト
https://www.maxam.jp/nekostalker/
キャスト
星野真里『さよならみどりちゃん』『60歳のラブレター』
江口のりこ『砂の影』『闇打つ心臓 Heart,beating in the dark』
宮﨑将『初恋』『EUREKA ユリイカ』
徳井優『罪とか罰とか』『クワイエットルームにようこそ』
坂井真紀『ノン子36歳(家事手伝い)』『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』
品川徹『MW-ムウ-』『クローンは故郷をめざす』
諏訪太郎『ちゃんと伝える』『血を吸う宇宙』
寺十吾『週刊真木よう子』『アヒルと鴨のコインロッカー』
岡部尚『ゆきおんな a snow woman』『くりいむレモン いけないマコちゃん』
麻生美代子『サザエさん』『アルプスの少女ハイジ』
タラオ『ネコナデ』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
スタッフ
監督:鈴木卓爾
原作:浅生ハルミン「私は猫ストーカー」(洋泉社刊)
脚本:黒沢久子『誘拐ラプソディー』『素敵な夜、ボクに下さい』
撮影:たむらまさき『EUREKA ユリイカ』『タンポポ』
照明:平井元『さよならみどりちゃん』『東南角部屋二階の女』
美術:小澤秀高『旭山動物園物語~ペンギンが空を飛ぶ』『失楽園』
装飾:松本良二『陰日向に咲く』『しゃべれども しゃべれども』
衣装:宮本まさ江『トウキョウソナタ』『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
音楽:蓮実重臣『ロボコン』『アカルイミライ』
録音:清水修『16[jyu-roku]』
音響設計:菊池信之『俺たちに明日はないッス』『サッド・ヴァケイション』
編集:菊井貴繁『百万円と苦虫女』『ネコナデ』
アニメーション:大山慶、和田淳

関連情報

カテゴリー
タグ

セル情報

発売日
2009年12月25日(金)

品番・価格
MX-377S ¥3,800+税

規格
カラー/4:3 スタンダード/片面2層/本編103分+特典74分/音声:オリジナル日本語〈ドルビー・デジタル・ステレオ〉
特典映像:メイキング/インタビュー/浅生ハルミンの猫ストーカー指南/劇場予告編/写真コンテストフォトギャラリー/鈴木卓爾(監督)、浅生ハルミン(原作)、矢口史靖(『ウォーターボーイズ』監督)によるオーディオ・コメンタリー 他

購入する

全国のDVD取扱店、ネットショップ等でもお買い求めいただけます。

レンタル情報

発売日
2010年1月1日 MX-916R

規格
カラー/4:3 スタンダード/片面2層/本編103分+特典74分/音声:オリジナル日本語〈ドルビー・デジタル・ステレオ〉
特典映像:メイキング&インタビュー、劇場予告編、フォトギャラリー 他