MANIAC DRIVER-『マニアック・ドライバー』

2021年|日本|75分|カラー|シネスコ|5.1ch 配給:マクザム

Trailer

Theater

地域 劇場名 電話番号 公開日
東京 ヒューマントラストシネマ渋谷 03-5468-5551 2022/1/7(金)~
愛知 名古屋シネマスコーレ 052-452-6036 2022/1/22(土)~
大阪 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 2022/1/14(金)~
大分 別府ブルーバード劇場 0977-21-1192 2022/1/14(金)~

Introduction

イントロキャッチ画像

血を…狂おしき快感を…。
美しき獲物を求め、東京の街をさまよう狂気のタクシー・ドライバーが引き起こす、悪夢のような惨劇!

『KARATE KILL/カラテ・キル』『女体銃 ガン・ウーマン/GUN WOMAN』で、世界のジャンル・ムービーファンから注目されている光武蔵人の最新作はジャーロ――マリオ・バーヴァ、ダリオ・アルジェント、ルチオ・フルチといった監督たちの諸作で知られる、独自の様式美に彩られた血と暴力とエロスの物語である。60~70年代に人気を誇ったジャーロは、近年ヨーロッパを中心に復活の兆しを見せている。光武はこうした映画界のトレンドに反応し、過去の名作へのオマージュを捧げつつ、LA在住の日本人映画監督というユニークな視点を活かしたメッセージと美意識を盛り込み、“ジャパニーズ・ネオ・ジャーロ”なる、新たな恐怖を提示して見せた。

狂気のタクシードライバー・フジナガを演じるのは、木村知貴。数多くの映画・TVドラマへの出演で知られ、「映画監督に愛される男」と異名を取る名バイプレイヤーだ。本作では、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017でグランプリを受賞した『トータスの旅』以来となる主演を務めた。また、ジャーロの“花”ともいえる、美しき獲物――“マニアック・ドライバー”の標的となる女性役には、古川いおり、佐山愛、卯水咲流、きみと歩実といったセクシー女優たちが顔をそろえている。また、木村と同様に日本映画に欠かせない名優・川瀬陽太も参加。物語の終盤のキーパーソンとして登場し、鮮烈な印象を残す。

Story

ストーリーキャッチ画像

「この女、俺と、死んでもらう」。黒のプレジデント・ソブリン、車体と同じ色のドライビング・グローブを嵌めたフジナガは、降車して去っていく女性客の後ろ姿を、じっと見つめていた。忌まわしい出来事によって絶望の淵に落とされ狂気にとりつかれた、このタクシー・ドライバーの唯一の望みは、最高の生贄と呼ぶにふさわしい女を殺し、自分もこの世界から消えてしまうことだった。そんなある夜、フジナガはとうとう“生贄”を発見する。密かに彼女をつけ回し、住所を突き止めたフジナガ。狂気の計画はついに実行の時を迎える――かに思われたが…。

Cast

写真:木村 知貴 TOMOKI KIMURA
木村 知貴 TOMOKI KIMURA
1978年生まれ 秋田県出身。大学卒業後、ひょんなことから自主映画に関わり役者を始める。
その後劇団東京乾電池研究生を経て、映画を中心に活躍。『トゥルボウ』(多田昌平監督・2012年)ではSSFF&ASIAジャパン部門ベストアクターアワードを受賞。2016年には「木村知貴映画祭」が開催された。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017でグランプリを受賞した『トータスの旅』(永山正史監督・2017年)では主演を務め、TAMA NEW WAVEベスト男優賞、田辺・弁慶映画祭男優賞を受賞。
映画監督に愛される男」の異名のとおり、その演技力は監督のみならず観客にも高く評価されている。
  • 古川いおり『極道アパート メゾン・ド・エロスへようこそ!』『悦楽交差点』
  • 佐山愛『新・嬢王ゲーム SEX or LOVE』『やる気まんまん』
  • 卯水咲流『ホームジャック ロックダウン』『はぐれアイドル 地獄変』
  • きみと歩実『今宵、奇跡が起きる温泉で。』『神家族 GOD FAMILY』
  • 園部貴一『ロックアウト』『ソドムの市』
  • 近藤善揮『新橋探偵物語』『蟻が空を飛ぶ日』
  • 木村圭作『花と雨』『クライングフリーセックス~Never Again!』
  • 特別出演:川瀬陽太『横須賀綺譚』『天然☆生活』

Staff

写真:光武蔵人 KURANDO MITSUTAKE
監督・脚本:光武蔵人 KURANDO MITSUTAKE
1973年生まれ、東京都出身。映画監督を目指して高校生のときに単身アメリカに留学。
サンフランシスコ芸術大学を経てカリフォルニア芸術大学映画学科大学院で映画制作を学び、在学中に訪米中の岡本喜八監督の通訳をつとめる。
大学院卒業後はコーディネーターやディレクターなどとして映像作品に携わり、2004年『モンスターズ』で長編監督デビュー。自ら主演もつとめた監督第2作『サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼』(2009年)は日本を含む16ヶ国に配給された。監督第3作『女体銃 ガン・ウーマン/GUN WOMAN』(2013年)では、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014審査員特別賞を受賞、主演を務めた亜紗美もファンタランド大賞に輝き2冠を達成。
また、同作は第18回ファンタジア国際映画祭、第47回シッチェス・カタロニア映画祭への正式出品されたほか、第55回日本映画監督協会新人賞にノミネートされた。
本格アクションスター、ハヤテを主演に迎えた監督第4作『KARATE KILL/カラテ・キル』(2016年)では王道の娯楽アクションが世界各国で高く評価された。ロサンゼルス在住。
  • 製作総指揮:明里マミ
  • 製作:福田真理雄
  • Coプロデューサー:安藤光造
  • 撮影:はやしまこと『ALL NIGHT LONG-誰でもよかった-』
  • 編集:ジョン・ミグダル『サムライ・アベンジャー/復讐剣 盲狼』
  • 照明:浜本修次『波乗りオフィスへようこそ』、小島光夫『潔く柔く きよくやわく』
  • 音楽:川口泰広
  • 録音:丸池嘉人『おかあさんの被爆ピアノ』、小畑智寛『ゴーストスクワッド』
  • 美術:寺尾淳『Z~ゼット~果てなき希望』
  • カラーグレーディング/VFX:山中心平
  • エフェクト/アニメーション:清水咲子、山本宜宏
  • 衣装:齊藤安津菜
  • ヘアメイク:井高麻理『ゲヘナ』
  • 特殊メイク:土肥良成『ファンファーレが鳴り響く』
  • スチール:タイナカジュンペイ
  • サウンドデザイン&ミキサー:岩波昌志(ディオス)

Comment

準備中