公式SNS
  • 公式ツイッター
  • 公式Youtubeチャンネル

北朝鮮強制収容所に生まれて

ジャケットイメージ

世界が驚愕した衝撃のドキュメンタリー!
政治犯強制収容所からの脱出に成功した青年が語る、壮絶なる記憶!

解説

北朝鮮の政治犯強制収容所に生まれ育ち、やがて脱北に成功した青年が語る壮絶な記憶とは…。『北朝鮮強制収容所に生まれて』は、シン・ドンヒョクの告白を軸に、収容所の驚愕すべき実態を描き出したドキュメンタリー映画である。
シン・ドンヒョクは1982年11月19日に北朝鮮の強制収容所で、両親の表彰結婚(※)により生を受け、生まれながらの政治犯として育つ。彼が過ごした14号管理所は、“死の収容所”だった。子供たちは6歳から労働を強いられ、飢えと暴力と拷問にさらされて生き、鉄条網の外の世界のことを知ることはない。『北朝鮮強制収容所に生まれて』は、北朝鮮の強制収容所を逃れた数少ない人物の記録である。監督のマルク・ヴィーゼは、精神的に不安定になりがちなシン・ドンヒョクを気遣いながら、忍耐強く貴重な証言を引き出し、カメラに収めた。囚われの生活、拷問の恐怖、そして母と兄の死―CGIアニメーションによって再現される収容所内の様子は、彼の証言を映像として私たちに伝えてくれる。また、収容所内で行なわれている拷問の映像も収録され、収容所の元管理者2人へのインタビューも敢行。真に貴重な証言が、1本のドキュメンタリー映画として結実した。
本作は各国の映画祭に出品、その衝撃的な内容で世界中の映画人を驚かせた。日本でも公開に先立つ先行上映会のためにシン・ドンヒョクが来日、当日は多くのメディアが駆けつけ、彼のメッセージを伝えた。北朝鮮の人権問題について、国連人権理事会が本格的に取り組み始めた今、本作が投じる一石は大きい。
※表彰結婚:収容所内の規則をよく守り、よく働く模範的な収容者同士を、年に数回、保衛指導員の指示で結婚させる制度。

物語

・強制収容所の中で生まれ、政治犯として育ったシン・ドンヒョク氏が語る壮絶な記憶!全世界に衝撃を与えた驚愕のドキュメンタリー!!
・テレビ・新聞・雑誌で多数紹介された話題作!  
・関連書籍発売中――「収容所に生まれた僕は愛を知らない」(KKベストセラーズ)、「北朝鮮14号収容所からの脱出」(白水社)
◆ジュネーブ人権映画祭 最優秀映画賞受賞
◆オスロ・ヨーロッパドキュメンタリー映画祭 最優秀作品賞受賞
◆ブカレスト国際映画祭 最優秀政治映画賞受賞
◆ヒューマン ライツ ウォッチ ネストル・アルメンドロス賞受賞
◆Movie that Matter ゴールデンバタフライ賞&学生観客賞受賞

作品情報

原題
Camp14 - Total Control Zone
製作年・国
2012年・ドイツ
ジャンル
ドキュメンタリー
権利元
(C)Engstfeld Film GmbH/BR/WDR/ARTE 2012
公式サイト
http://www.u-picc.com/umarete/
キャスト
出演:シン・ドンヒョク(申東赫)ほか
スタッフ
監督:マルク・ヴィーゼ
撮影:ユルグ・アダムス
編集:ヨハン・マルク・レスギロン
アニメーション:アリ・ゾーサンデ
プロデューサー:アクセル・エングストフェルト

関連情報

カテゴリー
タグ

セル情報

発売日
2015年1月30日(金)

品番・価格
MX-556S ¥4,800+税

規格
カラー/16:9 LB/片面1層/本編106分+特典4分/字幕:1.日本語字幕/音声:1.オリジナル朝鮮語・英語・ドイツ語〈ドルビー・デジタル・ステレオ〉
特典:日本版劇場予告編、シン・ドンヒョク氏からのメッセージ

購入する

全国のDVD取扱店、ネットショップ等でもお買い求めいただけます。