HOME > ドキュメンタリー > 革命の子どもたち

革命の子どもたち

キャスト
重信房子/重信メイ/ウルリケ・マインホフ/ベティーナ・ロール/足立正生/塩見孝也/大谷恭子
スタッフ
監督・編集・プロデューサー:シェーン・オサリバン/撮影:バセーム・ファヤド、ロビン・プロビン、アクセル・シュネパット/編集:ベン・イーツ/音楽:ギレス・パッカム
製作年
2011年
製作国
イギリス
原題
CHILDREN OF THE REVOLUTION
コピーライト
(C)Transmission Films 2011

故・若松孝二監督が公開を熱望した、傑作ドキュメンタリー!
革命家と呼ばれ、母親として生きた女たち。国籍も名前も変えて生きなければならなかった娘たち。

商品情報

商品規格品番価格(税込)注文数
DVD MX-561S ¥4,320

カゴに入れる

革命の子どもたち DVD
[MX-561S]

発売日:2015/5/29(金)
体裁:カラー(一部モノクロ)/16:9 ビスタ/片面1層/本編 88分+特典 約30分/字幕:1.日本語字幕/音声:1.オリジナル 英語・ドイツ語・日本語〈ドルビー・デジタル・ステレオ〉
特典:重信メイ インタビュー、日本版劇場予告編

解説

女性革命家・重信房子とウルリケ・マインホフ。国籍も名前も変えて生きなければならなかった彼女の娘たちは、母に何を思うのか…。若松孝二監督が公開を熱望した、最後の遺言とも言えるドキュメンタリーが、遂にDVDリリース!
1968年、学生たちによる革命運動のうねりのなか、女性革命家として名を馳せた重信房子とウルリケ・マインホフ、そして彼女たちの娘・重信メイとベティーナ・ロール――本作はこの4人に焦点を当てたドキュメンタリーである。ベトナム戦争で行なわれた虐殺に戦慄した房子とウルリケは、世界革命による資本主義勢力の打倒を目指し、それぞれ日本赤軍とドイツ赤軍を率いて活動した。現代史において、最も悪名高きテロリストと呼ばれた彼女たちの生き様を、作家兼ジャーナリスト、そして娘であるメイとベティーナが、独自の視点で見つめ直してゆく。身を隠して生きる母親とともに、メイもベティーナも過酷な幼年期を過ごし、壮絶な半生を生きてきた。革命家であり母親でもある彼女たちの生き方、また革命家の娘として生きた子どもたちの人生は、“幸福な社会”とは何かを、私たちに激しく問いかけてくる。
東京・ベイルート・ヨルダン・ドイツで撮影された本作は、2012年に亡くなった若松孝二監督が、日本公開を熱望していた一本。1968年当時の貴重なニュース映像や、2人に接した人物たちのコメントを交え、テロリストと呼ばれた母親の素顔とその娘たちの生き方を重層的に描いている。また、これまで未公開であった革命軍のキャンプ風景も初めて明かされており、資料としても一級品。また、DVD特典として、重信メイへのインタビュー映像が収録されている。

セールスポイント

・女性革命家・重信房子とウルリケ・マインホフ――彼女たちの娘・重信メイとベティーナ・ロール。4人の女性の壮絶な生き様に迫る話題作!
・若松孝二が公開を熱望!ヨーロッパ各地の映画祭でセンセーションを巻き起こした傑作ドキュメンタリー!!  
・「1960年代後半に日本で強まった抗議の精神について、またそのエネルギーがどこに消えてしまったのかを、日本の若い世代が考える助けになればと望んでいます。」――監督:シェーン・オサリバン
2010年 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 出品
2011年 ダブリン国際映画祭 出品
2011年 ロンドンパレスチナ映画祭 出品
2011年 イーストエンド映画祭 出品
2011年 トロントパレスチナ映画祭 出品
2013年 テキサスドキュメンタリー映画祭 出品

作品レビュー新規コメントを書き込む

商品検索

人気商品から選ぶ

キーワードから選ぶ

全商品から検索

MAXAM会員

MAXAM DIRECT SHOP 会員の方は ログイン してからお買い物をお楽しみください。

ログイン

現在のカートの中

購入アイテム数:0点

合計金額:0円

カゴの中の詳細

各種クレジットカードでのお支払いがご利用頂けます。
お電話・FAXでも御注文頂けます。フリーダイヤル:0120-124-577(受付:月~金 / 10:00 ~ 18:00) FAX:03-3358-8858(24時間受付)
このページのTOPへ
プライバシーポリシー | セキュリティーポリシー | 特定商取引法に基づく表示